お店の人が選ぶ、防災セレクトショップSEI SHOP売れ筋グッズ4選【サバイバルフーズを食べてみた】

お店の人が選ぶ、防災セレクトショップSEI SHOP売れ筋グッズ4選【サバイバルフーズを食べてみた】

こんにちは、防災一郎と申します。どこにでもいる、平凡な会社員です。

災害への危機感だけは人一倍強いのですが、なかなか備えができていません。熊本地震が起こって、さすがに何か災害グッズを買っておかなければと思い、前回は防災のセレクトショップSEI SHOPの責任者、平井さんにオススメの発電・蓄電グッズについてお聞きしました。

それ以外にも、災害時のために備蓄しておきたいグッズはたくさんあるのですが、ネットで調べてもたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか、わからなくなるんですよね。また、品質も心配です。災害時に使えないなんてことになったら、何の意味もないですから……。皆さんも、こうした悩みを抱えているのではないでしょうか?

そこで、セレクトショップのSEI SHOPで売れ筋のグッズなら良いものに間違いない!と思い、品質が良い、売れ筋の防災グッズを平井さんに聞いてみました。

1. 25年経っても食べられる 「サバイバル®フーズ」

まず、一番売れているという“サバイバル®フーズ”。製造から25年間の超長期保存が可能という脅威の備蓄食です。

2016年の今購入したら、2040年まで食べることができるのです。25年前の食べ物を食べることができるなんて想像もできません……。

その保存法の秘密は一度調理した料理を、独自のフリーズドライ製法によって水分を最大で98%除去して作るというもの。これによって脅威の長期保存が実現できているのだといいます。

この備蓄食としての品質の高さから、NASAの機内食や、アメリカ陸軍のMRE(戦闘糧食)として正式採用されているほど。宇宙や戦場といった過酷な環境でも食べることができると聞くと、信頼感が違いますよね。

サバイバルフーズの種類ですが、野菜のクリームパスタ、マカロニ&チーズ、野菜シチュー、チキンシチュー、洋風えび雑炊、洋風とり雑炊、クラッカーの7種類。

サバイバルフーズを盛りつけた様子。とても美味しそう。

サバイバルフーズを盛りつけた様子。とても美味しそう。

食べ方は水かお湯を加えて食べます。

どれも美味しそう……。と思っていたら、なんと試食できることに! 平井さんありがとうございます!

一郎「チキンシチューとクラッカーのようですね。見た目は普通のシチューです。どんな味なんでしょうか」

一郎「おお……美味しい!しっかりとシチューの味がします! とても備蓄食とは思えない……! では、次にクラッカーを食べてみます」

一郎「ん……! これはなんだかパンっぽい味がしますね。お菓子のクラッカーというよりも、しっかりと主食として食べられるクラッカーといった感じがします

お湯で戻すと普通に調理した料理のように美味しく食べられるサバイバルフーズですが、そのままでもスナック菓子のように食べることができます。水が少ないときでも、食べることができるようにできているのですね。

一郎「というわけで、そのまま食べてみましょう。食べるのはマカロニ&チーズです」

一郎「!……うまい……! チーズの濃厚な味がします。酒のつまみにしたくなる味です。サバイバルフーズ恐るべし……」

2. 5年間保存できる「富士ミネラルウォーター」


続いて紹介してもらったのは、5年間保存できる富士ミネラルウォーター。昭和4年に発売され、日本で行われるサミットでも飲まれていて、まさしく、日本を代表するミネラルウォーターといっても過言ではありません。

国を代表する水としてサミットで使われるくらいなので、品質が保証されていることがわかります。それだけ高品質の水だから、非常用の備蓄に向いているのですね。

平井「普通のミネラルウォーターだと、ペットボトルに空間があるでしょう? でも、富士ミネラルウォーターは隙間なく水が入っているんです。ちょっと逆さにしてみてください」

一郎「ほんとですね……! ぎっしり水が入ってます」

平井「だから空気が入る隙間がなく、5年間の品質が保証されてるんですよ」

3. 薬剤を置くだけ「ほっ!トイレタブレット」


食べ物、水、ときて、次に必要なものはなんでしょう? そう、非常用トイレです。水が流せなくなることもある災害時、必ず必要になってくるものです。

それだけに、こちらの“ほっ!トイレタブレット”は、SEI SHOPでも売れ筋トップの商品とのこと。

一郎「やはり、トイレは上位に来ますよね」

平井「ええ、人間には欠かせないものですからね。この商品が他の非常用トイレと違う点は、ビニール袋などにはじめから薬剤を入れておくだけでいいというところなんですよ。一般的な非常用トイレだと、用を足した後に薬剤をふりかける必要があるものが多かったので、大違いですよね」

一郎「なるほど! 自分の排泄物を見ないで済むというのは大きいですね」

4. ミリタリー仕様の最強ライト「SUREFIRE」


最後は非常時のためのライトです。SUREFIREはミリタリースペックのライト。こちらもよく売れているのだそう。

一郎「SUREFIREは普通の懐中電灯と、どう違うのですか?」

平井「これはロサンゼルス警察のSWATチームや米軍が使っているライトと同じものなんです。しかも、ただのライトではなく、もともとは犯人を傷つけることなく動きを止め、捕まえるための対人兵器として作られたものです」

一郎「兵器!? どういうことなんでしょうか……」

平井「人間は目に強い光を受けると、幻惑されて一瞬固まってしまうんです。それほど強い光を出せるライトということですね。そのため、数十メートル先まで光が届くくらいのパワーもあります」

一郎「それは本当に兵器ですね……。ワクワクしてきます」

平井「そうでしょう? 男心をくすぐる逸品です」

一郎「わかります。男のロマンを感じます。防災はもちろんですが、アウトドアでも使ってみたいです……!」

SEI SHOPが防災の「セレクトショップ」なワケ


一郎「こうしていろいろな防災グッズを見させていただくと、本当にこだわりの防災グッズを揃えているなという印象を受けました」

平井「弊社は防災のセレクトショップです。ですので、自分たちで実際に試して、本当に良いと思ったものしか扱わないんです。それに、防災グッズはいざというときに使い方が分からなかったり、役に立たなかったりすると、何の意味もありません。だから、“普段から使えるもの”を揃えているんです」

一郎「言われてみるとその通りですね。実際に使ってみたいものばかりでした」

平井「良いなと思ったらぜひ買ってみてください。商品はネットショップで購入できるようになっています」

■SEI SHOP
Web:http://www.seishop.jp/
所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町8-13
営業時間:平日 AM10:00 – PM17:00 [土日祝休み]
TEL:03-5212-6251

持っておきたい「備えあれば憂いなし」なグッズ

防災のセレクトショップSEI SHOPの売れ筋グッズを、平井さんに紹介していただきました。災害時に欠かせないグッズの上に品質が良いというのは、いざというとき安心できます。発電・蓄電グッズと一緒に、オフィスや自宅に備蓄しておきたいと思いました。

今後起こるといわれている南海トラフ地震や首都直下型地震への備えは、企業はもちろん、私たち個人でも今のうちからしておく必要があります。「備えあれば憂いなし」な品質の高い防災グッズを準備しておきましょう。

サイボウズスタートアップスが運営する「みんなのBCP」とは

「みんなのBCP」とは事業継続に関わるあらゆることをメインテーマに、総務部の方にお役立ち情報を提供するブログメディアです。 サイボウズスタートアップスは緊急時のコミュニケーションツールである安否確認サービスを開発・提供しています。



コメントをする

*
*
* (公開されません)

安否確認サービスバナー