防災・BCP・リスクマネジメントが分かるメディア

防災訓練の内容アイデア・種類を紹介!企業に必須

防火管理者や防災訓練の担当者の方は、訓練を実施する際の内容について悩んでいる方もいるでしょう。
この記事では防災訓練で実施すべき内容や、効果的な防災訓練のためのアイデアを紹介します。ポイントを押さえたうえで、アイデアを活用してみてはいかがでしょうか。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。

防災訓練の重要性

そもそもなぜ防災訓練が必要なのでしょうか。防災訓練の必要性は、災害が発生した時に、一人ひとりが慌てたり迷ったりすることなく、被害に対処したり避難したりすることができるように日頃から試しておくことが大切だからです。

近年は大規模な災害が頻発しており、防災意識も以前よりは高まっているでしょうが、災害はめったに起きないために「たぶん大丈夫だろう」という考え方のクセ(楽観主義バイアスと言います)から、真剣に防災に取り組めないこともあります。

企業においてはBCP(事業継続計画)の観点から、従業員の身の安全を守り事業を継続させるために、防災訓練という平時における災害時をシミュレーションする体験をとおして従業員の防災意識を高めることが重要です。

防災訓練のアイデアはあらゆるケ-スを想定して作成する

自然災害は大きく分けて次のような種別があります。

  • 地震災害
  • 火山災害
  • 風水害
  • 斜面災害
  • 雪氷災害

これらの災害は、それぞれ多くの現象が含まれていることを認識しておきましょう。上記の種別以外にも干害や日照不足などの災害もあります。

参考:防災科学技術研究所「災害種別と文献の記載例との対比表

地域で起こりやすい災害を中心に、あらゆるケースを想定して防災訓練を企画することが重要です。

近年はリモートワークを実施している企業も多く、リモート環境下にある従業員と協力しながら、災害時に会議を開催したり、業務を行ったりする訓練も必要となっています。

避難・救助・応急救護・安否確認など初期対応の手順、その後の安全確保や事業継続の対策についてマニュアルを準備し、それらを検証するような内容の訓練を実施することが効果的です。

基本的な防災訓練例

まずは一般的に行われている防災訓練を紹介します。まずはこれらの訓練について、必要性や対応手順などが従業員間で共有されていることが重要です。

  • 自分自身の安全確保
  • 離れた場所にいる従業員との連絡
  • 連絡が取れない従業員の所在を確認
  • 被災状況の確認
  • 必要に応じて救急や消防に通報
  • 責任者・担当者への報告
  • 業務の状況等についての情報伝達

これらの確認・連絡を行うために、緊急連絡網の作成や安否確認体制の確立な、事前の準備が必要です。災害対応の質を上げるために、安否確認システムの導入を検討してもよいかもしれません。

初期消火訓練

火災が発生した際、消火器を使って消火できるのは2〜3分程度と言われています。

被害を最小限に抑えるため、通報から消防隊の到着まで、従業員自身が安全確保と可能ならば消火にあたる必要があります。

初期消火訓練では、短い時間のなかで消火器など設備の設置場所や設置状況、機器の使用方法を確認しましょう。

実際に使用できる機器があれば、事前に一度使ってみましょう。使ったことがないものを、いきなり本番で使うことは困難です。

関連記事
初期消火は火災発生から2分間がカギ!すべての社員が覚えるべき消火方法

避難誘導訓練

避難誘導訓練は、災害発生時に安全な場所まで避難する訓練です。

  • 地震等発生時の安全確保
  • 避難場所・経路の確認
  • 避難する際の行動を確認
  • 誘導にあたる担当者や責任者・指示系統の確認

避難経路や避難場所の一部が使えなくなる可能性も考慮し、代替手段を決めておく必要があるでしょう。また傷病者などと一緒に避難する可能性もあるために、応急手当訓練などと併せて行うことも効果的です。

訓練後は、経路や行動の問題点について振り返って話し合うことで、より一層、訓練を防災に役立たせることができるでしょう。

応急救命訓練

応急救命訓練は、応急手当と救命について学ぶ訓練で、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使い方、止血の方法などを学びます。

災害時は道路が渋滞・寸断されたり、多数の救急対応のために、救急車が到着しないことも十分考えられます。そのような状況下では、簡単ではあれ従業員が応急手当てをすることや、命を助ける行動をすることで、一人でも多くの人を救えることにつながります。

救命講習は消防署で定期的に実施されており、講習だけの入門コースや実技を伴う講習会、e-ラーニングを使用した座学などがあり、申し込んで受講できます。

また、消防署によっては出張講習などを請け負っているところもあるので、会社の防災訓練の一環に実施することも効果的です。

救助訓練

救助訓練は建物内やエレベーターに閉じ込められたり、損壊した建物や什器・商品等で下敷きになるような事態を想定し、救助のための資機材や身近な道具を利用して負傷者を救出し搬送する訓練です。

会社にあるキャビネットなどの什器は、一般の家具より大きくて重く、一人の力では救助作業が困難な場合があります。その際、身の回りにあるものを使うことや周囲にいる人々と協力することで、救助作業が可能になることもあります。

救助のための資機材は日常では触れることがないものも多いため、訓練を機会に取り扱い方法をしっかりと学んでおきましょう。

また、通常4~6時間ほどの長時間において、がれきなどの重いものに体が圧迫されると、血流、循環障害によって死に至ることもある「クラッシュ症候群(圧挫症候群)」にも注意が必要です。この場合には、消防・救急、医療の専門職に任せる必要があります。

座学での訓練

実技による訓練が難しい場合には、座学によるグループワークやシミュレーション訓練で行動するイメージをつかみましょう。

災害の発生を想定して避難経路や危険個所、災害時に役立つ施設などを図上で確認する訓練、つまり図上訓練を実施することも効果的です。

グループでハザードマップなどの地図を囲み、想定される被害や対応方法を学ぶ「災害図上訓練DIG」は、座学でありながら実践的で行動がイメージしやすい訓練と言えるでしょう。

参考:総務省消防庁「災害図上訓練DIG

災害の種類や規模だけでなく、発生する時刻や場所、置かれる状況によって、被害・影響は変わってきます。そのため、毎回、同じ想定・シナリオで訓練することは、避けた方がよいでしょう。

ここでは、防災訓練に変化をつけ、訓練の質を向上させるためのアイデアを紹介します。

普段の想定に変化をもたらす

災害が発生する時間帯や発生状況を、従来とは異なる設定にします。たとえば次のように設定するとよいでしょう。

  • 災害発生時刻を夜間に設定する
  • 一部の避難経路に障害物があってとおれない
  • ケガ人が発生している
  • 訓練中に新たな被害・影響が発生する

このようにわざと面倒な状況を作り出し、避難誘導、救助の担当者、訓練参加者がどのように解決するかを評価することで災害対応能力の向上に役立てる方法です。

シナリオを事前に提示せず訓練を行う

防災訓練のシナリオは担当者が事前に設定しますが、訓練参加者には訓練を開始する時点で初めて内容を知らせるということも効果的です。

どこで、いつ、どのような災害が発生しているかを参加者は訓練時に初めて知ることになり、気持ちの備えが十分でない状態で行動しなければなりません。これは実際の災害の状況に似ています。

このような場合、所定の任務を行う担当者の役割分担が適切でなかったり、避難や対応の時間が大幅に遅れたりという問題点が浮き彫りになるでしょう。

訓練の後に結果について話し合い、改善点や対策を共有するとさらに効果的です。

消防署で行われる訓練を取り入れる

消防職員や防災の専門家のアドバイスを受け、消防署で実施している訓練や専門的な知識を取り入れることもおすすめです。

専門家は防災について多くのノウハウを持っています。防災訓練の計画を説明して指導を仰ぐことで、企業や職場の実情にあった訓練方法を提案してくれるでしょう。

消防署や関係する政府・自治体の機関は、防災に関する映像や写真などの視聴覚で感じることができる資料を公開しています。

これらを用いることで災害の恐ろしさや防災の需要性を視覚的・感覚的に知ることができ、訓練参加者が他人事に思わずに自分のこととして取り組もうとする「わがこと意識」の向上に活用できるでしょう。

消防用設備について深く学ぶ

消防用設備を業者が点検する時期に防災訓練を設定し、設備業者から訓練参加者に消火器や火災報知器など消防用設備や機器の使い方を説明してもらう機会を設けます。

消防用設備は日常的に触れることがなく、知識や経験がないと正しく扱えません。しかし使い方を学べば心配や恐れがなくなり、非常時には戸惑うことなく使えるようになるでしょう。

訓練を振り返る

どのような訓練・学習においても、振り返りは大切です。防災訓練で生じた問題点や教訓はそのまま放置せず、訓練後に参加者同士でディスカッションを実施しましょう。

とくに、災害対応マニュアルどおりに行動できなかった点や、判断ミスがあったことなどの原因を考え、現在の防災対策に不備がないか否かをチェックします。

防災上の不備や訓練方法の誤りは直ちに修正し、次回の訓練で同じ誤りが生じないようにしましょう。

防災イベント・ゲームを活用する

自治体や各種団体・企業が主催する、防災イベントやゲームなどを防災訓練に取り入れる方法は、大人から子どもまで興味を持って訓練に臨めるでしょう。

地域の防災イベントに参加することや、企業の防災訓練に組み込める民間のサービスを活用するという方法があります。たとえば、訓練内容が競技種目になっている「防災運動会」を取り入れている企業もあります。

ゲームにはカードゲーム形式、ボードゲーム形式、シミュレーション形式などがあり、楽しみながら災害対応の判断力を養う訓練ができるでしょう。

また、子どもにもできるイベント・ゲームについては、従業員の家族にも参加してもらいながら防災訓練を実施している企業もあります。

オンラインでの防災訓練を導入する

Web会議システムを利用した防災訓練や、e-ラーニングによる受講形式の訓練を活用する方法もあります。

Web会議ではチャットやアンケート機能を利用し、講師の説明と参加者による回答で進めるものや、ワークショップを実施して成果を発表するなどの訓練があります。

e-ラーニングでは救助活動や消火活動の具体的な方法について動画で学び、実技の理解もできるカリキュラムが用意されているものもあります。

企業防災のアイディア例を活かして社内で防災訓練を実施しよう!

突然の災害に見舞われても慌てることなく避難や救助・救命、従業員の安否確認を行って、事業活動を早期に正常化することが重要です。防災訓練を通じて起こり得る災害を予測し、万全な対応ができる体制を作りましょう。

多様な災害の状況をシナリオとして想定したり、訓練内容を工夫したり、必要に応じて自治体や消防署と連携したり、民間企業が実施する防災訓練サービスを活用したりして、緊張感があり学びの多い防災訓練を実施しましょう。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。