防災・BCP・リスクマネジメントが分かるメディア

防災訓練のマニュアル作成手順とは?マニュアル例、ポイントを分かりやすく解説

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。

自然災害の多い日本においては、災害への備えとして、避難訓練などに代表される防災訓練を平時より行っておくことが重要です。防災訓練のマニュアルを作成しておくことで、訓練を効率的に行えるだけでなく、被災時の対応も明確になります。

この記事では、防災訓練マニュアルの作成手順や、作成ポイントなどを紹介します。分かりやすいマニュアル例もあるため、ぜひご参考ください。

防災訓練のマニュアルの作成手順

防災訓練のマニュアルは、次の手順で作成することが一般的です。

  • 訓練の目的を明確化する
  • 役割を明確化する
  • 計画・マニュアルのどの部分に相当するかを明確化する
  • 事前に準備するものを明確化する

避難訓練や防災訓練のマニュアルを作っておくことで、災害時に備えた効果的な訓練を行えます。

訓練の目的を明確化する

マニュアルの作成に取り掛かる前に、訓練の目的を明確化します。

訓練の目的を明確化するとは、「訓練によって参加者に何を学んでほしいか」「訓練によって自社のどのような能力を向上させるのか」という、学習目標や達成目標を設定することです。

単に「避難訓練をする」ということではなく、「参加者に、避難をするタイミングと適切な避難経路を確認してもらう」「訓練によって、自社の避難マニュアルの記述の適切さと過不足がないかを確認する」などのかたちで、訓練によって何を学習・達成したいのかを明確化させましょう。

企業において、災害対応でもっとも優先することは「人命救助」です。従業員や家族の命が守られることで、事業の復旧や継続も検討できるようになります。

役割を明確化する

訓練においては、訓練で実施する各災害対応について「誰が」「何を」するかといった役割を明確化して臨みましょう。

避難誘導/初期消火/応急救護/情報収集など、自社の規模や社員の人数、さらには様々な災害の状況によるシナリオに応じて役割分担を明確化した上で訓練をすると、従業員同士で組織的に対応することができるようになります。

計画・マニュアルのどの部分に相当するかを明確化する

防災訓練を行う際は、災害対応マニュアルやBCP(事業継続計画)のどの部分に相当するところを今回の訓練で実施するかを明確化しておきます。災害時に自社業務のすべてを即座に復旧することは難しいといえます。

1つずつ災害対応を積み上げていきながら、まずは人命救助や安否確認をして、重要業務に焦点をあてて事業継続をして、施設・設備の復旧などをしながら、最終的な事業継続を目指していくことがあります。今回の訓練では、それらの対応業務のなかのどの部分を訓練するのかを明確にしておくことが必要になります。

防災訓練を繰り返すなかで、対象となる災害対応業務を広げていき、最終的に災害対応マニュアルやBCPに記載されているすべての対応業務について、見直しを行っていくとよいでしょう。

また、例えば安否確認システムなど、災害時に特化したシステムを導入している場合には、これらのシステムの稼働訓練も同時に行うと、効果的です。

事前に準備するものを明確化する

防災訓練を行う際は、以下のような事前準備が必要です。

  • 訓練運営の役割分担の決定
  • 訓練による学習目標・達成目標の設定
  • 訓練概要・シナリオの設定
  • 訓練の必要物品・資機材等の設定(例:ハザードマップ、緊急連絡網、救助・救出資機材、安否確認
  • システム、備蓄等)など

効果的です。

防災訓練のマニュアルに記載する項目例

ここからは、防災訓練の参考になるマニュアル例をそれぞれ紹介します。

ここでは、必ず実施しなければならない火災時を想定した避難訓練の項目例と、総合的な防災訓練の項目例を紹介します。これらの項目をベースに自社に必要な対応を盛り込むことで、防災訓練の効果的な実施が期待できます。

火災時を想定した避難訓練のマニュアル項目例

ここでは、火災時を想定した避難訓練のマニュアル項目例を紹介します。

0段階目訓練開始(日時や場所を事前に周知しない方法も検討)
1段階目火災発生
2段階目火災発見・情報伝達
3段階目通報:110番・119番通報初期消火:消化器・消火栓で初期消火避難誘導:出火場所から離れた場所へ避難誘導
4段階目情報伝達:建物内の人へ避難伝達、消防・救急・警察への説明、責任者への連絡区画の形成・人員確保:残っている人がいないか確認し、防火扉などを閉める搬送:自力で避難できない人(負傷者、高齢者等)の避難支援・介助・搬送
5段階目避難場所に集合:負傷者や逃げ遅れている人の確認
6段階目避難人員の確認:避難の対応に当たった人が全員無事か確認する
7段階目消防隊への情報提供:現場の状況(出火場所)と出火状況/避難情報の提供
8段階目訓練終了:参加者への訓練企画説明や講評、防災知識の提供
訓練の振り返り(達成目標・学習目標の達成度合い、訓練運営の課題、災害対応マニュアル・BCPの改訂の必要性、今後の訓練に向けての改善点などを検討)

火災は出火場所や時刻、周辺の状況などによって、避難ルートが大きく異なります。

そのため、さまざまなシナリオ想定した、複数回の訓練が必要です。

総合的な防災訓練でマニュアルに記載する項目例

ここでは、総合的な防災訓練でのマニュアルの記載項目例を紹介します。

0段階目訓練開始
1段階目命を守るための行動訓練
2段階目避難・避難誘導訓練
3段階目救急・救命訓練
4段階目救助・救出訓練
5段階目搬送訓練
6段階目災害対策本部立ち上げ・運営訓練
7段階目情報伝達・安否確認訓練
8段階目被害箇所確認訓練
9段階目防災資機材の使用訓練
10段階目宿泊等を想定した訓練
11段階目リモートワークなどを想定した訓練
12段階目事業復旧・継続に向けての訓練
13段階目災害に対する意識や知識を高めるための研修
訓練の振り返り(達成目標・学習目標の達成度合い、訓練運営の課題、災害対応マニュアル・BCPの改訂の必要性、今後の訓練に向けての改善点などを検討)
(参考:防災訓練マニュアル|東海村防災原子力 東海村防災原子力安全課

防災訓練の訓練内容は、企業の業種や規模によって違います。このマニュアルの項目例を参考に、自社の災害対応マニュアルやBCPに記載されている内容に沿って、訓練を計画してみてください。

防災訓練マニュアルを作成するときのポイント

防災訓練のマニュアル作成時に配慮したいポイントとして、以下を参考にしてみてください。

  • まずは作成してみる
  • PDCAサイクルによって実施をもとに内容を更新する
  • 内容が明確で誰にでも分かりやすいことを意識する
  • 現場と経営層両方の視点から違和感を排除する
  • 項目は極力少なくする

それぞれのポイントについて解説します。

まずは作成してみる

防災マニュアルは、まずは作成してみましょう。クオリティの高さを求めすぎると、いつまでも完成しなかったり、頓挫してしまったりする可能性があります。

また、防災訓練マニュアルは、訓練を重ねながら必要に応じて項目を増やしたり減らしたりして改良を続ける必要があります。そのため、まずは一回、作ってみることが重要です。

PDCAサイクルによって実施をもとに内容を更新する

作成した防災訓練マニュアルは、PDCAサイクルを回して内容を更新しましょう。PDCAサイクルとは、「計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善(Act)」を繰り返して改善を行う手法です。

  • 防災訓練マニュアルを作成する
  • マニュアルに従って訓練を実施する
  • 訓練を実施したうえで、マニュアルに変更が必要な箇所を確認する
  • 必要に応じてマニュアルを改訂する

PDCAサイクルを回し続けて、防災訓練マニュアルの内容を更新することで、時代や社会状況に合った効率的な災害対応が可能になります。

内容が明確で誰にでも分かりやすいことを意識する

防災訓練マニュアルを作成する際は、誰にでも明確で分かりやすい内容にすることを意識します。マニュアルは、災害時において適切な行動を示すお手本のような存在といえます。訓練の段階ごとの対応や役割分担を分かりやすく記載することが大切です。

また、各対応の担当者がいない際の代行者を決めておくと、災害対応の流れを止めずに対応業務を行うことができます。

現場と経営層両方の視点から違和感を排除する

防災訓練マニュアル作成において、現場と経営層両方の視点から違和感を排除することで、企業全体の理解を得やすくなります。

また、経営層からの対応方針の提示や、現場ならではの現実的な意見など、視点が変わることでさらによりよいマニュアルが作成できます。特に訓練実施後の振り返りなどでさまざまな視点からの意見を取り入れることが重要です。

項目は極力少なくする

防災訓練マニュアルに記載する項目は、極力少なくすることが重要です。

項目が多すぎると、当然、それだけ訓練が複雑になり、時間も手間もかかる大がかりなものになります。そうなると、訓練を行う目的や、本当に身に着けてもらいたい内容などが分かりづらくなってしまうでしょう。

訓練の重要性が伝わらなかったり、訓練に対する社員の意欲が削がれたりすることにもつながります。

マニュアルの不要な項目は削除し、簡潔で分かりやすいものを作りましょう。

防災訓練のマニュアルを作成し、もしもの対策を行おう!

避難訓練や防災訓練におけるマニュアルは、訓練の目的や内容を理解してもらうために必要なものです。また、災害対応マニュアルやBCPに従って災害時の対応を具体的に決めて訓練を行うことで、いざというときに従業員それぞれが適切に動けるようになります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。