防災・BCP・リスクマネジメントが分かるメディア

小学校の避難訓練で大切なこととは?安否確認をスムーズに行うためのポイントを解説

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。

世界でも、日本は自然災害が多い国です。とくに地震の回数は世界的に見てもトップクラスに多く、毎年のように大きな地震に見舞われています。

今回は災害に備えるために行う小学校の避難訓練について、実施のポイントを交えて解説します。

小学校で実施する避難訓練の内容とは

日本は自然災害が多く、大きな地震や風水害などが毎年のように発生しています。しかし、現代の科学では、いつどこでどのような災害が発生するのかを予測することができません。

そこで、平時より、被害が大きくならないように備えを万全にし、いざ災害が起きても適切な対応ができるように訓練する必要があります。

日本の小学校では、学校内での火災や地震発生を想定した訓練、特に避難訓練が毎年欠かさずに実施されており、その様子は世界各国で話題になるほどです。

小学校で実施する避難訓練の目的は、ただ単にその場で身をかがめて決められた場所まで移動するだけではありません。地震や火災などが起こった際、自分がどこにいるのかを考え、その場に応じた適切な行動ができるよう指導する必要があります。

また、沿岸部や海にほど近い小学校など、学校が建っている場所によっては津波による被害想定も確認しておく必要があります。

小学校で実施する避難訓練の流れ

小学校で実施されている一般的な避難訓練の流れを紹介します。日本の小学校に通っていた人なら、必ず受けてきた訓練でしょう。

①緊急放送が流れる

以前は、訓練日時をあらかじめ児童にも教えた上で訓練が行われていました。最近は、実際の地震や火災の発生に即して、詳細な時間を事前に告知することなく緊急放送、緊急地震速報の周知音やチャイム、またはサイレンなどで校内に地震や火災が起こったことが伝えらるケースが多くなってきました。

なお、訓練事態はこのような「抜きうち」で行われることが多くなりましたが、具体的にどのように行動するかについては訓練実施前までに授業等で一通り学習をしておきます。

緊急放送が流れたら、児童は学習内容を思い出しながら、慌てずに次の行動に移ります。

②身の安全を確保する

災害が起きたときは、自分の身の安全を守ることが最優先です。災害が地震か火災かによって、身の守り方が異なります。

地震が起こったときは、落ちてくるもの、倒れてくるものあ、移動してくるものから身を守る姿勢を取ります。

児童が教室にいるときは堅い机が身を守る道具になるためにすぐに体を机の下に入れて隠れるようにしますが、校庭にいるときは身を守る道具をすぐに見つけられません。そのため、校庭にいるときに地震が起こった場合は、危険でない場所(多くは校庭の真ん中など)に速やかに移動をして、身をかがめます。一方で、火災が起こったときは、煙を吸わないように身をかがめて口元をハンカチなどで覆い、速やかに火元・煙から離れます。

③校庭に避難し、安否確認と点呼を行う

地震は長いと数分程度続く可能性があるため、揺れがおさまるまでは教室では机の下で身を守り続けることが重要です。

地震がおさまったあとは、教室にいた場合は、速やかに比較的安全と考えられる場所、例えば校庭などへ、全員で移動します。この際、落ち着いた秩序を保ちながらの移動が求められます。

災害が火災のケースでは、児童は身を低くかがめてハンカチなどで口元を覆いながら、火元や煙の流れる方向からできる限り離れた広い場所へ避難します。

また、海沿いなどで津波の危険性がある場合、避難先は校庭ではなく事前に決めておいた高台などの避難場所になります。避難時においては全員が安全に避難しているか把握するため、可能なかぎり点呼を取って安否確認を行います。

避難するときの合言葉

避難する際に児童がパニックになると「慌てて走る」「他の児童を押す」「階段等で転倒する」などが発生してドミノ倒しなどの二次的な災害を誘発してしまう危険性があります。

二次災害を回避するため、近年では児童に合言葉をあらかじめ周知し、避難時にはそれを守るよう徹底しています。いくつか派生したものもありますが、一般的な合言葉は「お・か・し・も・ち」です。

  • 『お』おさない(他の人を押さない)
  • 『か』かけない(走らない)
  • 『し』しゃべらない(避難移動中にしゃべらない)
  • 『も』もどらない(避難の流れに逆行して戻らない)
  • 『ち』ちかづかない(危険なものは近づかない)

緊張感を持って避難訓練をするためには

児童は避難訓練について、日常の授業とは違う一種の特殊なイベントとして捉えることがあります。人生経験が少なく災害に遭ったことがない小学生は、避難訓練を面白がってしまうこともあるでしょう。
学校では、避難訓練の重要性を正しく学ぶことができるよう心がけてください。

事前学習で避難の意味・大切さを伝える

避難訓練の前には事前学習が欠かせません。「災害時にはどのようなことが起きるのか」「避難時にどのような行動をとる必要があるか」「その行動をする目的は何か」など、災害時の行動の意味について学ぶ必要があります。

避難訓練より前に学習すべき理由として、児童が避難訓練の目的を理解することで避難訓練を効果的な学習の機会にすることができ、遊び半分の気持ちを避けられることが挙げられます。避難訓練を有意義なものにするために、目的についてしっかり伝えることが大切です。
また、事前にしっかりと学習してから避難訓練を実施することで、本当の災害が起きた際にも児童全員がすぐに的確な行動を行い、児童全体の安全を守ることにつながるでしょう。

東日本大震災で起きた大川小学校の例

2011年に発生した東日本大震災では、地震の影響で発生した津波により大川小学校の全校児童108人のうち7割に当たる74人が死亡または行方不明となりました。津波から逃げ遅れたことが原因といわれています。

大川小学校では、他の学校と同様に毎年避難訓練を実施していましたが、学校に津波が来た際の想定は行っていませんでした。そのため、津波が学校に向かってきた際に「裏山に逃げるのか」「校庭に残るのか」の判断が遅れたと考えられます。結果として、一つの判断ミスが大変大きな悲劇を生んでしまったのです。
大きな犠牲を伴った過去の事例を踏まえ、私たち自身の教訓として共有し続けなければなりません。

振り返りを大切にする

前述した通り、避難訓練は事前学習が非常に重要と考えられています。それと同様に、避難訓練後の振り返り(事後学習)についても重要といえるでしょう。避難訓練後、そのまま通常の授業に戻るのではなく、避難訓練における児童の避難方法や手順、避難時の態度、合言葉が守れていたかなどの評価をするのです。

事後の振り返りについても、児童の安全を守る対策のひとつと考えられています。

安否確認はスピードと正確さが大切

避難が完了したときには、必ず点呼を取って児童全員の安否確認を行います。ここでは、安否確認時のポイントを解説します。

避難完了後の安否確認は迅速に行う

災害を知らせる放送などがあり、地震を想定した訓練の場合なら地震が収まったあとで児童は速やかに避難します。避難先は、校庭やその他指定の場所です。

前もって決められた適切な場所への避難が完了した際は、学年ごとやクラスごとに児童を整列させることも有効です。正確で間違いのない点呼を取るためには、迅速に秩序を持って整列する必要があるからです。
「児童全員がこの場所にいるか」「怪我をしている児童はいないか」などの確認を、先生をはじめ児童同士でも迅速に行うことが効果的です。

保護者との連携も必要

自然災害は、いつどこで起こるか分かりません。学校内に限らず、登下校中に被災する危険性もあるでしょう。

災害発生時には通信が遮断され、家族と連絡が取れないことが多々ありますです。そのような事態に備え、近年では通信各社や自治体による「家族の安否が確認できる」さまざまなサービスがあります。

児童に関しては、先生の目が届かない登下校中の所在や安否確認のため、家族同士で連絡が取り合えるよう、最適な「所在・安否確認サービス」の利用などもおすすめです。

https://www.anpikakunin.com/function/confirm-safety

安否確認サービスを活用して迅速に状況を把握しよう

前述した安否確認サービスについて、より詳しく紹介します。

安否確認サービス2について

トヨクモが提供する「安否確認サービス2」は、状況に応じて迅速に状況の確認ができます。

現状を確認したい場合には対象者へ一斉に送信でき、個別の回答状況や怪我の有無、現在位置の確認などが自動で集計されるため、操作はとても簡単です。

また、送信した内容が受信できたかどうかや、送信が失敗した原因も確認できるため、状況に応じた対策を立てられます。

安否確認サービス2」は月額6800円(ライトコース)から導入が可能です。

さらに「ファミリープラン」と「エンタープライズプラン」は、家族の安否確認ができるサービスも含まれており、災害時に大いに役立ちます。
参考サイト:https://www.anpikakunin.com/

小学校とサービスを連携するメリット

安否確認サービス2」は、小学校と連携をすることでより大きなメリットを生み出します。いくつかを紹介します。

  • 児童の保護者をユーザーとして設定すると、それぞれの所属地域が設定可能
  • 連絡網を使用してユーザー情報の登録状況が確認可能
  • 災害を想定した予行練習が可能
  • 児童の安否確認をより簡易に集計可能

参考サイト:https://www.anpikakunin.com/case/toyo

小学校の避難訓練に安否確認サービスを導入しよう!

小学校における避難訓練は、命を守るための重要な防災教育・防災訓練といえるでしょう。定められた避難を、先生や児童を含めた全員がルールに則って行わなくてはなりません。

現在では、ICTを駆使した便利な安否確認システムが充実しています。従来の避難方法に加えて、最新のテクノロジーを導入することでより大きな安全につながるのです。いざという災害に備え、小学校の避難訓練にも安否確認サービスを導入しましょう。

安否確認サービス2」の詳しい情報は、ホームページからダウンロードが可能です。
安否確認サービス2:https://www.anpikakunin.com/

プロフィール背景画像
プロフィール画像

監修者:木村 玲欧(きむら れお)

兵庫県立大学 環境人間学部・大学院環境人間学研究科 教授

早稲田大学卒業、京都大学大学院修了 博士(情報学)(京都大学)。名古屋大学大学院環境学研究科助手・助教等を経て現職。主な研究として、災害時の人間心理・行動、復旧・復興過程、歴史災害教訓、効果的な被災者支援、防災教育・地域防災力向上手法など「安全・安心な社会環境を実現するための心理・行動、社会システム研究」を行っている。
著書に『災害・防災の心理学-教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)、『超巨大地震がやってきた スマトラ沖地震津波に学べ』(時事通信社)、『戦争に隠された「震度7」-1944東南海地震・1945三河地震』(吉川弘文館)などがある。